読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web・IT うんたらら

業務系とWeb系の狭間でIT業界を彷徨いながら備忘録と足跡を残していきます

ITエンジニアやハッカー・プログラマーが活躍する漫画まとめ (2014.12.13更新)

※2014.12.13 「デザインノイロハ」を追加しました。
※2014.12.01 「スティーブ・ジョブズ」「STEVES」「ハルロック」を追加しました。

職業柄、ITエンジニアやハッカーが活躍する作品が好きです。現実には冴えない人が多いであろうITエンジニアも、映画や小説ではその頭脳と技術を武器に大活躍!という妄想が好きですが、そういった作品は意外と多くないです。ということで、私が知っている範囲でまとめてみる試み。今回は漫画編です。これ以外でおすすめがあれば是非教えてください。

漫画編

SE (此ノ木よしる)

SE 1 (ジェッツコミックス)

SE 1 (ジェッツコミックス)

ヤングアニマルにて連載中で、最近やっと一巻が発売された漫画作品です。なにを隠そう、この作品
を紹介するために本エントリーを書いたといっても過言ではありません。
いかにもイロモノくさいタイトルに表紙、ですが! むしろ話自体もあれですが!これまで見たなかで、もっともプログラマーにフォーカスを当てている漫画作品です。まさかヤングアニマル連載の漫画で、デザインパターンやらコードジェネレータやらメタプログラミングやらを目にする事になろうとは思いませんでした。SE漫画かと思いきや、まさかの○○漫画かと思いきや、やっぱりちゃんとしたSE漫画になっています。
以下のサイトで第1話をまるまる読めます。
此ノ木よしる「SE」| ヤングアニマル

王様達のヴァイキング (さだやす)

王様達のヴァイキング 1 (ビッグコミックス)

王様達のヴァイキング 1 (ビッグコミックス)

これも本当におすすめ。いわゆるハッカー(クラッカー)ものです。まず、この手の作品に出てくるハッカーといえば、だいたい次の2パターンのどちらかであることがほとんどですよね。

  1. 容姿端麗、頭脳明晰、(さらにスポーツ万能な場合も)、だけどどこか物事を冷めた目で見ている完璧超人ハッカー
  2. 偏屈で変人、いわゆる天才型で周囲を一切気にしない超越的なハッカー

ですが、本作の主人公の一人、是枝はそのどちらでもありません。人見知りのコミュ障で口下手、不器用で常識がなく、コンビニのバイトもクビになる有様です。本人もそんな自分を自覚していて、いつもおどおどしてしまって余計に周囲の怒りを買ってしまうという悪循環。唯一持ってるのは天才的なプログラミングとクラッキングの技術だけという、そう、いわば等身大のギークなんです。ここまで極端な人はそうそういないでしょうが、多かれ少なかれ自分にも当てはまるというエンジニアは結構多いのではないでしょうか。そんな彼が、破天荒な投資家で、自らも元エンジニアだったもう一人の主人公、坂井と出会うところから物語ははじまります。不器用な生き方は変えられないかもしれないけど、人は少しづつだけど成長していけるということを教えてくれる作品です。
それと、WebサービスやIT企業、ガジェット、映画などのうんちくが実名で出てくるのも面白いです。

第1話と第8話が公式サイトで公開されているので、是非読んでみてください。
http://www.spi-shogakukan.com/viking/


東京トイボックス (うめ)

東京トイボックス 新装版 1

東京トイボックス 新装版 1

大東京トイボックス (うめ)

大東京トイボックス(1) (バーズコミックス)

大東京トイボックス(1) (バーズコミックス)

ゲームクリエイターものです。東京トイボックスは現在(本エントリ執筆時点)ドラマ放送中なので、ご存知の方も多いかもしれません。大東京トイボックスは、その続編です。
かつて、ともに一世を風靡するゲームを作ったものの、現在は袂を分った2人のクリエイターのお話。夢を追い求め、独立してただ面白いゲームを作ることに全てを捧げる主人公と、そのためには地位や政治も必要だと考え、着々と出世街道を突き進むライバル。いかにもベンチャー的で、デスマーチな日常を描く主人公サイドと、華やかだけども権謀術数が渦巻くライバルサイド。IT業界の二つの面がリアルに描かれているのではないでしょうか。

午前3時の無法地帯 (ねむようこ)

午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)

午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)

午前3時の危険地帯 (ねむようこ)

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)

午前3時の不況和音 (ねむようこ)

午前3時の不協和音 (Feelコミックス)

午前3時の不協和音 (Feelコミックス)

少し表題とはずれますが、デザイナーものです。本田翼主演でドラマ化もされています。
イラストレーターを夢見てデザイン会社に就職したものの、なんとそこはパチンコ専門のデザイン会社だった!というお話。仕事内容は、もちろんお察しのとおりの激務・デスマーチ。徹夜も当たり前だしガラの悪い営業もいるし、と散々な環境で女子力も落ちる一方の主人公ですが、そんな日々の中で自分を見つけていきます。元々は女性向け漫画のようですが、男女問わずおすすめ。

スティーブ・ジョブズ (ヤマザキマリ)

スティーブ・ジョブズ(1)

スティーブ・ジョブズ(1)

テルマエ・ロマエで有名なヤマザキマリ氏による、スティーブ・ジョブズ伝記の漫画版です。
テルマエはキレキレのギャグが魅力でしたが、こちらはかなり正統派。原作に忠実に漫画化されています。

STEVES (うめ、松永肇一)

スティーブズ 1 (ビッグコミックス)

スティーブズ 1 (ビッグコミックス)

こちらは、東京トイボックスのうめ氏によるジョブズ物語。いい意味でデフォルメされており、(ウォズの口調だったり、ロン・ウェインがオネエだったり……)熱いエピソードはより熱く、泣ける場面はより泣ける演出がされています。また、トイボでもそうでしたが、作者がコンピュータ関係に詳しいので、エンジニアなら思わずニヤリとさせられる場面も多いはず。最近ではビル・ゲイツらMS陣営も登場し、ますます盛り上がってきました!
以下のサイトで1〜3話、および期間限定で最新話が読めます。おすすめです。
スティーブズ 公式無料配信 - ビッグコミックスペリオール


ハルロック (西餅)

ハルロック(1)

ハルロック(1)

女子大生が電子工作で日常のちょっとしたことを解決するという異色の漫画です。
Rasberry Pi +センサーで猫にTwitterで現在の状況をつぶやかせる、メガネ型デバイスと心拍系でまだ気づいていないときめきを探す、などなど目からウロコのアイデアが満載。
1話と読み切りが以下のサイトで読めます。
ハルロック / 西餅 - モーニング公式サイト - モアイ


デザインノイロハ (藤原嗚呼子)

デザインノイロハ(上)

デザインノイロハ(上)

デザイナーものです。新人デザイナーの奮闘記。というと午前3時〜の流れを組む作品ではあるのですが、あちらが生き方や恋愛が中心だったことに対して、こちらはもう少しクリエイティブよりな内容になっています。特にラストの流れはある種の好対照になっているかも。Webデザインに関する話も少し出てきます。上下巻もので完結済なので、取っ付き易いのではないでしょうか。おすすめです。

BLOODY MONDAY (恵広史)

BLOODY MONDAY(1) (講談社コミックス)

BLOODY MONDAY(1) (講談社コミックス)

いわゆるハッカー、ネットワークエンジニアものです。あまりにも有名なので割愛。

攻殻機動隊 (士郎正宗)

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

未来のハッカーの姿。これもあまりに有名なので割愛。これは、原作よりも映画をみた方がいいかも。最近、前日憚となる攻殻機動隊ARISEも公開されました。



こうして見ると、連載が始まったばかりの「SE」と「王様たちのヴァイキング」をのぞく全ての作品が映像化されていますね。「東京トイボックス」、「午前三時〜」はリアル路線、「BLOODY MONDAY」、「攻殻機動隊」はサイバーパンク路線と、両極端なのがおもしろいです。

次回は、小説編か映画編をまとめます。