読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web・IT うんたらら

業務系とWeb系の狭間でIT業界を彷徨いながら備忘録と足跡を残していきます

CentOS 5.8にnode.js最新版を0からインストール

nvmを利用してCentOS 5.8に最新版のnode.jsをインストールするメモです。


nvmはgithubで公開されています。
ということで、まずはgitをインストールします。

yumにrpmforgeのリポジトリを追加し、gitをインストール

$ vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
enabled = 0
gpgcheck = 0

$ yum update
$ yum install -y git --enablerepo=rpmforge


お次はnvm。
コンパイルにpythonの2.6以上やtarのver1.26が必要。
(tar1.26が必要な理由はよくわかりませんでした…。
が、これがないとインストール失敗するのは確か。)

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://files1.directadmin.com/services/all/tar-1.26.tar.gz
$ tar -xzvf tar-1.26.tar.gz
$ cd tar-1.26
$ ./configure
$ ./configure FORCE_UNSAFE_CONFIGURE=1
$ make && make install
$ yum install -y tk-devel tcl-devel bzip2-devel gcc-c++
$ cd /usr/local/src
$ wget http://www.python.org/ftp/python/2.7.3/Python-2.7.3.tgz
$ tar -xvzf Python-2.7.3.tgz
$ cd Python-2.7.3
$ ./configure --prefix=/opt/python-2.7.3
$ make && make install
$ export PATH=/opt/python-2.7.3/bin:$PATH
$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/nvm
$ . ~/nvm/nvm.sh


最後に、nvmからnodeの最新版をインストールします。

$ nvm install -s
$ nvm ls
  v0.10.0

$ nvm use v0.10.0
$ node --version
v0.10.0


やったー node.js 0.10.0がインストールできたよー。


ここでもうひとつ。
nvmでnode.jsを利用する場合、端末を立ち上げるごとに~/nvm/nvm.shを実行し
使用するnodeのversionを指定しないと利用できません。
これは面倒なので、defaultで利用するnodeのversion指定と、.bashrcにnvm.shを自動実行するよう記述を追加します。

$ nvm alias default v0.10.0
default -> v0.10.0

$echo '. ~/nvm/nvm.sh' >> ~/.bashrc


これで端末再起動後もnode.jsが使えるようになりました!