読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web・IT うんたらら

業務系とWeb系の狭間でIT業界を彷徨いながら備忘録と足跡を残していきます

勝間和代著 「目立つ力 インターネットで人生を変える方法」 読了

目立つ力 (小学館101新書 49)

目立つ力 (小学館101新書 49)


最近メディアにひっぱりだこの勝間和代氏ですが、この方元々はインターネットで台頭してきた人なんですね。
少し以外でした。件の(当時最年少)で会計士補の資格を取られたエピソードなどから、どちらかと言うと業界では元々有名だった人が、著者デビューなどによって、社会的にもヒットしたたぐいだと思っていたので。


まず、この方はタイトルの付け方が本当に巧いですね。
「自分をグーグル化する技術」「起きていることは全て正しい」など、ビジネス書読者のよーくわかってらっしゃる。


今回の「インターネットで人生を変える方法」というサブタイトルは、今の私にとってのキラーキャッチでした。


まさしく、私がこのブログを始めた理由っていうのが、このサブタイトルに深く関わっているんですよね。
仕事がうまくいってなかったり、将来の希望が見えなかったり、今の環境に不満を感じていたりとか、そのようなネガティブな感情を原動力にした向上心を、現実世界の中で昇華させることはすごく難しいことだと思います。


そこで、私はそれらの欲求のはけ口をインターネットに求めたわけです。

手始めとして、ブログを通していかに自分の価値を高められるか。
ゆくゆくは、そこで得た知識や技術、人脈を生かして、現実での人生をより良いものにしていきたいと。

そこまで行かなくとも、思考を整理してアウトプットする訓練や、アフィリエイトなどによって副収入を得ることなど、そのくらいは期待できるのではないか、と。

このように、私がブログを始めた理由というのは実に戦略的です。


このような人は決して私だけでは無いと思います。
特に若い世代においては意外と多いのではないでしょうか。


この本では、勝間和代氏という成功者の実体験を元に、インターネットの力を使って人生を変える戦略を

1.Plan
2.Do
3.Check & Action

の3つのメソッドに分けてわかりやすく解説されています。
私にとっては非常に参考になる本でした。
タイトルにビビッときた方はぜひ一読をおすすめします。